兵庫県稲美町の鍼灸院 シンスプリント |1 |適応症状|おんしん堂

indications

シンスプリント

このような症状はありませんか?
  • 走ったり、ジャンプした時の着地で、すねの内側に痛みが出る
  • 長い時間、または長い距離を走ると痛みが出る
  • ふくらはぎの内側を押すと痛みが出る
  • すねの内側に鈍い痛みがある

シンスプリントは「脛骨過労性骨膜炎けいこつかろうせいこつまくえん)」とも呼ばれています。
陸上の短距離、長距離、サッカー、テニス、バスケットボール、バレーボールなどランニングやジャンプ、ストップ&ゴーなどを繰り返すスポーツの選手に多く見られ、症状は主にすねの内側辺りに鈍くてズキズキするような痛みが生じます。

もしあなたがこれまで受けた施術や方法でシンスプリントが一時的に良くなっても、運動を再開すると痛みが戻ってくるという症状にお悩みでしたら、下記のおんしん堂が考えるシンスプリントになってしまう原因と施術をご覧ください。

痛みがある場所だけに着目しないやり方なのでこれまでのアプローチとは全く違うと感じられるかもしれませんが、じっくり見ていただくと思い当たるところはあるのではないでしょうか。

おんしん堂が考えるシンスプリントになってしまう原因

原因として、運動量の増加、運動環境の変化 ( 地面が土→コンクリート ) や運動内容の変化があります。

ただ、体が運動量や環境の変化について行けていない事が1番の原因だと考えています。

痛む場所はすねの内側、中央より下が多く、この場所に負担がかかっているのです。

負担がかかる原因は、腰やお尻、ふともも、足の裏などの筋肉が硬くなり、股関節や膝、足首の動きを悪くさせてしまい、体の連動がうまくいかずしわ寄せが下腿(膝から足首)にくるためだと考えます。

シンスプリントになってしまうプロセスは下記のとおりです。

運動量、運動環境、運動内容などが変化する

変化に対応しようと無意識のうちに体の使い方やバランスが変わる

慣れない体の動きで腰、お尻、ふともも、ふくらはぎ、足の裏などの筋肉が硬くなる
筋肉が硬くなると、関節の動きが悪くなり体の連動に不調が起こる

そのまま運動を続けることで連動の不調を補おうとふくらはぎの内側に負担がかかる

痛み(シンスプリント)が発症する

筋肉が緊張する原因としては、運動量や環境の変化によって無意識のうちに体の使い方が変わり、今まであまり使っていなかった筋肉を使うためです。また変化によって重心やバランスが崩れるといった事があると考えています。
安静にして治る場合は、直接、ふくらはぎに負担がかかったことによるシンスプリント発症だと考えています。

シンスプリントを改善へ向かわせるおんしん堂の施術 

1. 腰から足の裏にかけての筋肉を緩めます

一緒に進み、共にゴールする必要に応じた方法で問題となっている筋肉を緩めていきます。
筋肉を緩めることで、股関節、膝、足首などを動かしやすい状態にします。

 

2. 関節の動きを正常に戻します

正常に動かせていない関節にアプローチして動きを正常に戻し、連動を回復させ、痛みの出ている場所への負担を減らします。 

 

 

3. 悪いクセが付いた動きやバランスを正常に戻します

かたよった動きやバランスのゆがみを調整し、筋肉が硬くなりにくい体を作ります。

かたよった使い方をしていることを自覚・意識し動くことで、ゆがみが調整され正常な動きに戻します。

 

 

初診料 2,000円ネット予約で1,000円
※初回のみ初診料がかかります。
施術料 4,000円
※どのような症状でも料金は一律です。

※1回目は初診料+施術料。2回目以降は施術料のみです。

Reservation

身体の不調、スポーツによる痛みなど
気になる症状がありましたらお早めにご相談ください。

お電話でのご予約

Reservation

身体の不調、スポーツによる痛みなど
気になる症状がありましたらお早めにご相談ください。