兵庫県稲美町の鍼灸院 右手が握れない・ペンを持って字を書けない |適応症状|はりきゅうおんしん堂

indications

右手が握れない・ペンを持って字を書けない

右手が握れない・ペンを持って字を書けない | ばね指でペンも握れない(50代・女性)

【患  者】50代 女性
【施術回数】5回 週1回程度


発症から来院までの経緯

仕事で管理職をしており、普段からパソコン作業や書類を書くことが多い。
2ヶ月ほど前、研修で一日中マウスを使うことが2日続き、その後から右手の中指の動きが悪くなった。
日が経つにつれ、右手の人差し指と薬指の動きも悪くなり、ペンを持のが辛い状態になった。
数年前にもばね指になり、病院で安静のための装具をもらい数ヶ月不便な思いを経験をしたことを思い出した。
1週間前から左手中指の動きが悪くなり、病院以外の治療法を探し、当院のHPを見つけ来院された。

 

施術の経過

《1回目の施術》
動作を確認すると、右手を最後まで閉じられず、グッと閉じると中指の付け根に痛みがあり、開く時に引っかかりがあった。
触診をすると、右側の腕と背中の緊張が見られた。
この背中の緊張部位、2箇所のツボを使うと左手中指と右手示指の動きの悪さはなくなり、調整する活法を施し、1回目の施術は終了した。

《2回目の施術(1週間後)》
7割程度まで戻ったが以前に比べ、右手を握り込めるようになった。
左手は違和感程度とのこと。前回と同じツボに肩甲骨と肩のツボを加え、2割程度まで軽減し、手首の動きの良さを共有できたので2回目の施術を終了した。

《3回目の施術(5日後)》
ペンを握れるようになってきた。
左手、右手薬指は気にならなくなり、中指の付け根がピンポイントで気になるとのこと。

《4回目の施術(1週間後)》
右手中指と薬指がくっついて動いている感じがする。グッと握ると少し痛むとのこと。

《5回目の施術(2週間後)》
手を握り込めるようになり、少し違和感がある程度とのこと。
3~5回目の施術は2回目と同じ施術を行い、違和感なく指を動かせるようになったので施術を終了した。

 

施術の考察

今回は、脊柱、肩甲骨の動きの悪さから連動の不調が起こり、肘から先の前腕の筋肉、指の動きに影響したと考えられる症例でした。

⇒喜びの声【ばね指でペンも握れない】を読む

※結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。

施術料金

初診料 2,000円ネット予約で1,000円
※初回のみ初診料がかかります。
施術料 4,000円
※いくつ症状があっても料金は一律です。
※1回目は初診料+施術料。2回目以降は施術料のみです。

Reservation

身体の不調、スポーツによる痛みなど
気になる症状がありましたらお早めにご相談ください。

お電話でのご予約